• フローリング補修の方法

    フローリングに重い物を落としたり、何かを引きずることで小さな傷ができてしまうことがよく見られます。そのような場合、専門業者に依頼する方法以外に、ホームセンターなどで販売されている道具を使って自分で補修を行うことも可能です。

    フローリングの補修方法としては、まず傷の周辺にできたバリをカッターなどで綺麗に取り除きます。
    次に床と同じ色の補修材で傷の上に少し盛り上がる程度に塞ぎます。


    溶かして流し込むタイプの場合、少し時間を置いて固まっていることを確認してください。スクレーパーで充填部分を平らにして、必要に応じて専用のマーカーで木目を描き足し目立たないようにしましょう。



    へこみのない小さな傷の場合、専用のマーカーで上から色を塗るだけで傷が目立たなくなります。市販の製品としては、色を混ぜてフローリングの色合いに合わせることができるクレヨン状のマーカーが便利です。

    日本経済新聞をご紹介いたします。

    大きな傷ができてしまった場合、フローリングの材質が木であるなら、濡らした布を傷の上に置いて布の上からアイロンをかけて蒸すだけで傷が目立たなくなります。


    木は水分を含むと膨らむ性質があるので、水分を吸わせることでへこみが盛り上がる仕組みです。

    このような方法でも補修できない場合、専門業者に依頼する必要があります。

    フローリング全体が傷ついているようなら、全面張替えを行うのも一つの手段です。
    また、部分だけの補修も行っていて、全面張替えより予算を低く抑えることができます。